事業内容

このようなことにお悩みではありませんか?

中国のトップ企業たちと繋がりを持つにはどうしたらいいのだろう…

メディアに脚⾊されていない、リアルな中国ビジネス事情を把握したい…

世界トップクラスの企業に触れ、新しいビジネスアイデアを⼿に⼊れたい…

広⼤な中国で、どのようにビジネスを展開していけばいいのだろう…

私たちの『中国ビジネスツアー』なら、普通は交流を持てないような中国の⼀流企業・教育機関とコミュニケーションを図ることができます!

あなたも、世界トップレベルの中国ビジネスに触れてみませんか?

ビジネスチャンスに溢れる国、中国

  • ⼈⼝数は14億⼈を超え(⽇本の10倍以上)
  • アジア最⼤の⾯積を保有
  • 2018年世界有⼒企業ランキング(アメリカ経済誌フォーブス社発表)TOP10の 半数を占める
  • 世界第⼆位の経済⼤国
  • 破⽵の勢いで経済成⻑を続ける国、中国。まさに『ビジネスチャンスに満ち溢れている国』であり、いまだ全世界から注⽬を集めています。
引用元:総務省

総務省が公開した『実質GDP(国内総⽣産)の推移予測』でも、中国の実質GDPは2020年ごろを境にアメリカを上回ると予測されました。

中⻑期的に⾒ても⾮常にポテンシャルの⼤きな国であり『これからの時代を⽣き抜くためのグローバル視点を養うためにも絶対に外してはいけない国』と⾔えるでしょう。

そんな魅⼒溢れる中国の⼀流企業や教育機関と触れ合い
世界トップレベルのビジネスを肌で体験してみませんか?

私たちは、中国の最先端企業や最⾼峰の教育機関と強く太いパイプラインを持っています。

そのため、普通はとても交流を持つことができないような⼀流企業・機関とのコミュニケーションを経て、⼀切フィルターのかかっていない『ありのままの中国ビジネス』と触れ合っていただくことが可能です!

視察先(⼀部)のご紹介

※視察先企業との調整により、訪問の可否がありますことを予めご了承 ください。

騰訊(テンセント) – 中国最⼤級のインターネットサービスプロバイダ

出典元:Wikipedia
  • 1998年11⽉設⽴。世界時価総額ランキングTOP10の常連であり、まさに中国IT業界を牽引する企業の1つ。
  • 『中国版LINE』と呼ばれ、中国国内ユーザー数約7億(世界12億) ・ ⽉間アクティブユーザー約9億の世界最⼤規模メッセージアプリ『微信(WeChat) をリリース
  • 騰訊のゲーム事業は世界最⼤の売上⾼を誇り、⽇本有数企業である任天堂やソニーを遥かに上回る
  • 騰訊はアプリでも世界屈指の収益をあげており、2016年のアプリ収益 額ランキングで世界1位を獲得している(LINEで世界7位)

阿⾥巴巴(アリババ) – 中国ITの⽕付け役

出典元:Wikipedia
  • 1999年創⽴。中国で最も成功した起業家の⼀⼈である⾺雲(ジャック・ マー)を創⽴者とし、騰訊と同様世界時価総額ランキングTOP10の常連企業。
  • 中国国内における EC 市場取引総額の約 80%以上のシェアを占める⼈ 気サイト『淘宝網(タオパオ) 』を運営。2014年の年間流通総額はあの楽天市場の 約21倍という規模を誇る。
  • 中国の電⼦商取引市場で最⼤規模のオンライン決済サービス『⽀付宝 (Alipay) 』を運営。
  • 2016年3⽉期の決算では約51.9兆円、世界最⼤の⼩売企業・流通企業 となった。名実ともに中国を代表する企業の1つである。

⼩⽶科技(シャオミ) – 世界シェア4位、成⻑率1位のスマホメーカー

出典元:Wikipedia
  • 2010年4⽉設⽴。中国のスティーブ・ジョブズと呼ばれる雷軍(レイ・ ジュン)によって設⽴され、中国を代表するスマホメーカーとなる。
  • スマホ事業は欧州市場を中⼼に中国国外にも⼤きく進出しており、すでにインドではシェア 1 位を獲得。中国国内だけでなく、世界に⼤きな影響を与えるスマホメーカーの1つ。
  • 中国政府からMVNO事業展開を許可されている(⽇本におけるUQモ バイルや楽天モバイルなどと同じ)。
  • 現在は様々な家電を取り扱い、中国を代表する総合家電メーカーの1つとしてポジションを確⽴している。

捜狐(ソウフ) ‒ 中国3⼤ポータルサイトを制作するIT企業

出典元:Wikipedia
  • 1995年設⽴、2000年には⽶ジャスダックに上場を果たした、中国を代表するインターネット事業企業。
  • 1998年にポータルサイト『捜狐』をオープン。独⾃の検索サービス『捜 狗』を展開しており、中国の三⼤ポータルサイトのポジションを確⽴している。
  • アレクサ・インターネットの調査した世界アクセス数ランキングで世界第22位を獲得。

爱奇艺(iQIYI) – ⽉間訪問数約5億を越える動画共サイトを運営

出典元:Wikipedia
  • 2010年4⽉設⽴、2018年3⽉には⽶ナスダックに上場を果たした、中国を代表する動画サイト運営企業。
  • 毎⽉3億5000万⼈が爱奇艺の動画サイトを利⽤しており、1⽇の平均 訪問ユーザー数も1億⼈を超えている。
  • 有料会員数は2018年の時点で6000万⼈を突破 (ニコニコ動画の有料会員数が約 200万⼈)
  • 2017年にNetflixとライセンス契約。数々のドラマやアニメ、映画コンテンツを配 信し、今後の更なる発展に期待が⾼まっている。

中国でビジネスを成功させた創業者たちと直接意⾒交換ができる!

私たちのツアーは、単なる観光ツアーではありません。しっかりと

  • 中国ビジネス
  • 中国の⽂化
  • 中国⼈の考え⽅

を感じてもらうためのビジネスツアーです。そのため、私たちが⼤切にしているの は『中国で実際にビジネスを成功させた創業者たち』と直接意⾒交換ができる場を設けさせていただくこと。

しっかりと『中国ビジネスでの成功者』とコミュニケー ションを図ることが可能です。優良企業創業者との

  • 意⾒交換
  • ビジネスパートナーシッピングの交渉
  • ビジネスアイデアについてのディスカッション

などなど…あなたのビジネスにしっかりと価値を⽣み出せる時間をご提供させていただいております。

中国トップレベルの教育機関と交流することが可能!

私たちは企業だけでなく、中国トップレベルの教育機関ともコネクショ ンを持っております。中国は⾮常に教育を⼤切にしており、その教育レベルは世界 から⾒ても⾮常に⾼⽔準。この中国ビジネスツアーでは、中国でも最⾼レベルの教育機関を視察していただくことも可能です!

ご紹介可能な教育機関(⼀部)

※視察先企業との調整により、訪問の可否がありますことを予めご了承 ください。

北京⼤学

出典元:Wikipedia
  • 中国近代史上初めての国⽴総合⼤学であり、中国の学術研究⼈材の宝庫として科学研究と教育の社会サービスを⼀体化した総合的な⼤学
  • 中国にある⼤学のうちでも権威ある⼤学として政府が認定した『国家重点⼤学』であり、中国最⾼峰の⼤学の1つ。
  • 世界でも有名な超⼀流⼤学として認識されており、その評価は⾮常に⾼い。世界⼤学ランキングでは27位にランクインしている(東京⼤学は46位)。

清華⼤学

出典元:Wikipedia
  • 各界に多数の⼈材を輩出しており、特に⼯程技術⼈材を⼤量に養成してきたため『エンジニアの揺籃』とも称される。
  • 北京⼤学と同様、中国にある⼤学のうちでも権威ある⼤学として政府 が認定した『国家重点⼤学』であり、中国最⾼峰の⼤学の1つ。
  • 世界⼤学ランキングは北京⼤学に次ぐ30位にランクイン。 『中国のMIT (マサチューセッツ⼯科⼤学) 』と呼ばれ、⼯学研究の分野で世界最⾼峰の⼤学の1つとして知られる。

北京理⼯⼤学

出典元:Wikipedia
  • 国防分野の⾼級科学技術⼈材を育成する重要拠点となっており、李鵬、曽慶紅、葉選平などの国家リーダを輩出した⼤学。
  • 北京理⼯⼤学も中国にある⼤学のうちでも権威ある⼤学として政府が認定した『国家重点⼤学』である。
  • 全ての学部に博⼠課程を設置しており、中国の中でもハイレベルな研究教学型⼤学である。

精英英语

  • ⼤学以外の⺠間教育機関のご紹介も可能。たとえばこちらは、北京で現在もっとも⼈気のある英語学習塾。
  • 北京市内ですでに5店舗展開しており、⼤盛況の英会話スクールとして 有名。

過去に参加されたお客様の声(⼀部)

株式会社 鈴峯 代表取締役社⻑
鈴⽊ ⿓樹様
株式会社 鈴峯 代表取締役社⻑
鈴⽊ ⿓樹 様

安⼼してお任せできる進出は、こちらにお願いするしかなかったと今でも思っています!

弊社の中国・⾹港国際展⽰会出展や中国パートナーを探す際に⼤変お世話になりました。

これまで、ただの通訳の⽅には何⼈もお世話になりましたが、微妙なニュアンスや⽇本⼈の期待するコーディネイト等、安⼼してお任せできる進出はこちらにお願いするしかなかったと今でも思っています。

お陰様で⼗年来の現地パートナーと今でも良好な関係を保っています。


⽇本ワード株式会社 代表取締役
川合 貞義 様
⽇本ワード株式会社 代表取締役
川合 貞義 様

中国のパートナー探しから輸出⼊貿易に関わるお⼿伝いもいただきました!

中国の⽔晶マーケットは流通量・額ともにアジアで最多であり、まさに発掘したばかりの良質な⽔晶を印鑑商材の材料に使うために中国進出を⽬指しました。

まだ右も左も分からなかった頃に通訳はもちろん、中国のパートナー探しから輸出⼊等貿易に関わるお⼿伝いもいただきました。

いまでも定期的に中国へ訪れ、お付き合いさせていただいております。


⻑⾕川 靖 様
⻑⾕川 靖 様

⾮常に信頼関係のある⽅々をご紹介頂けたので、とても有意義でした!

中国をビジネスの視点から捉えるきっかけを得るために参加しました。 また、購買⼈⼝が増える国なので、マーケティングとして、どういった考えや雰囲気があるのかを掴むためでもありました。

⾮常に信頼関係のある⽅々を紹介戴けたので、とても有意義でした。⼩⽶の社内⾒学はとても貴重で、今後の中国の⼒強さを垣間⾒ました。


多くの経営者・実業家の⽅にご利⽤いただき、⾮常に⾼い評価をいただいてる中国ビジネスツアーです。

PAGE TOP